日記
Lunar-Rainbow+Albaブリーダーもいろいろ

Lunar-Rainbow+Alba

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ブリーダーもいろいろ

先日の日記で、いろいろと書きました【あのブリーダー】。
その後、報道がなされず、どうなっているのかとっても気になっていましたが、25日に事務所に家宅捜索がありましたね。
ニュースはこちら

おざなりにされてしまわないかと心配していましたが、水面下ではきちんと進んでいました。
大量の殺処分の依頼を受けて、拒否しなかった尼崎市の保健所等にも家宅捜索がされたとか。

あの残されている罪のないワンコたちや、万が一営業再開となったときに、またたくさんの子犬たちが殺処分の危険にさらされることは阻止できるよう、適切な処罰を科して欲しいものです。

2009122813.jpg



さて、少し前ですが、イリスとアルバのお里から、クリスマスプレゼントが届きました

2009122801.jpg



アルちゃんも、おいでぇ~

2009122802.jpg



は~い

2009122803.jpg



アルちゃんにも、は~い

2009122804.jpg



あ~あぁ~

2009122805.jpg



やっぱり、落としたか(笑)

2009122806.jpg



アルちゃんは、かなりご機嫌な様子で、ぬいぐるみをピーピー鳴らしながら、ピョンピョン走り回っていました(爆)

2009122807.jpg



イリちゃんは、くわえて走り回るタイプではなく、やっぱり投げて欲しいタイプ

2009122808.jpg



垂直飛び~

2009122809.jpg



ふたりとも、とっても楽しんでましたよ~

2009122811.jpg



アルバ 「四つ葉まま~、ありがと~う

2009122812.jpg



自分の犬舎の犬を殺処分してしまうブリーダーもいれば、こうして毎年クリスマスプレゼントを送ってくれるブリーダさん。
本当にいろいろです。
もちろん、物をくれるから良いと言っているのではありません。
イリスやアルバの子犬のときの写真をきちんと保管してくれているお里のまま。
イリスを迎えて、少し過ぎた頃にパピーのときの写真をお願いしたら、快く送ってくれました。
こういうことをしているブリーダーさんて、少ないのではないかと思います。
先日の日記でルナのパピーの頃の写真が欲しくて、ブリーダーの連絡先をJKCに問い合わせした話を少ししましたが、その後の続きがあります。
JKCは話が通じず、結局自力で連絡先を得て、簡単に経緯を説明して、せめてパピーの頃の写真をもらって、思い出を増やしたいことをお伝えしたのですが、写真はないとの回答でした。
想像はしていたけど、やっぱりショック。
そばにいたお友達も、そんなもんだよ、と。
子犬の写真を、どの子かを把握した上で保管していることって、愛情を持って子犬を育てて、その子たちを新しい家族に旅立たせている証拠なんじゃないかな、と思います。
愛情があるからこそ、新しい家族のもとへも、こうしてサンタさんとなって可愛いプレゼントをくれる。
プレゼントももちろん嬉しいけど、犬に愛情を持って繁殖をしてくれていることが感じられることは、何にも代えられないです。
あったかいブリーダーさんです。


日本にも、良いブリーダーさんがもっともっと増えるといいな


2009122814.jpg



ぽちっと、応援お願いします
にほんブログ村 犬ブログ イングリッシュコッカースパニエルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 未分類 | 23:58 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。