日記
Lunar-Rainbow+Alba思うこと

Lunar-Rainbow+Alba

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

思うこと

書こうか、書かないでおくべきか、とっても悩みました。


9日の午前中に、尼崎のブリーダーのニュース見て、「ここって、もしかして…」と思いながら見ていたら、やっぱりブルーローンの子犬がいっぱい。
私が知っているブロ友さんの子や、お友達ワンコでも、その犬舎出身の子や血筋を引く子が何頭かいるので、どうしようかとも思ったけど、やっぱり、書かずにはいられません。
いろいろと考えていたら、とても腹が立ち、冷静になってからブログに書くことにしました。


ブログに遊びに来てくれている方たちは、既にご存知だとは思いますが、まだご存じない方は、こちらを見てみてください。


ルナを虹の橋に見送ってから、やっと気持ちも落ち着いて、ワンコを探し始めたときに、このブリーダーも候補のひとつでした。
ブリーダーのHPには、ショーで活躍する犬舎のインギーたちの写真もあり、雑誌にも掲載されていたり、インギー飼いの方のブログにもリンクがあったりして、信頼できるところなんだろうと漠然と思いました。
スプリンガーを飼うには、まだルナと重ねてしまいそうなので、同じようなスパニエル犬をということで、インギーのブラックホワイトの女の子をこのブリーダーのHPで見つけました。
子犬の部屋に掲載されていた月齢1、2ヶ月の時点の写真もそうでしたが、問い合わせをした時点で送られてきた生後半年の写真も、子犬のわりに痩せているな~という印象を受けました。
今となっては、きちんとゴハンももらえていなかったのかなと可哀そうになりました。
結局、その子とは運命を感じず、イリスを我が家に迎えることとなりましたが、その子も不幸な運命を辿ったのかと想像してしまいます。
私はメールでルナのことについて少し触れていて、そういう経緯もあり、きちんとしたブリーダーさんから子犬を迎えたい気持ちを伝えていました。
その気持ちに対して、感動しただのなんだの返事を書いてきましたが、命の尊さを微塵も感じない人からの言葉だったと知ったときは、とても憤りを感じました。


数年前から悪徳ブリーダーのニュースを何度となくテレビで見てきたけど、何も変わりませんね。
日本の法律はとても古く、仮に罰則があったとしても、とても軽いものばかり。


今回のブリーダーのニュースは、同じコッカーを飼う者として、余計に衝撃が大きかったわけですが、この件に限らずこういった命を軽んじることは、もういい加減改善して欲しいと願います。


私は、学生の頃にアメリカに約5年ほど留学していましたが、日本にいる愛犬2頭がいないのが寂しくて、写真を部屋に飾って少しでも一緒にいる気分になっていました。
そして、ペットショップを発見してからは、ときどきそこに足を運んでいましたが、犬や猫は一頭もいませんでした。
日本なら、ペットショップに行けば、可愛い犬や猫がそこにいるから、期待していました。
自分の犬に会えないなら、別に自分の犬じゃなくてもいいから、見たかったんです。
けど、5年間に見つけたペットショップは、1、2軒ほどだし、そこには犬や猫は一頭もいない。
いるのは、小鳥やハムスターくらい。
田舎のペットショップだからかな?と、さほど深く理由を追求しませんでしたが、後々日本に帰り数年が経ち知りました。(もうひとつの住んでいた州は、都会だったけどペットショップは見かけませんでした)
ペットショップでは、生体は取り扱っておらず、犬や猫が飼いたい人たちは、ブリーダーを探して、そこから購入するのだと。


日本では、生体を取り扱うペットショップがたくさんあります。
生後1ヶ月も経たないような、本来なら母親の元にいて、犬社会のことを学び社会化する時期の子たちがたくさんの小さなケースの中にいます。
小さな子犬たちは、それはそれは可愛いです。
しかし、飼い手のつかない子たちは、どんどん値引きされていきます。
大型犬の子犬たちは、体も大きくなりその狭いショーケースに横たわるだけの子も見たことがあります。
どんどん値が下がり、その状況や行く末を心配し、不憫に思い、より愛情をかけて大切に飼ってあげる人もいれば、衝動飼いされる人もいます。
子犬を購入する金額は安くなっても、今後その子にかかる費用は、その子が生きている一生涯続きます。
お散歩やトリミングなどの時間や手間もかかります。
きちんとした覚悟もなく衝動買いで、生き物を飼ってはいけないんです。
安易に飼い、都合が悪くなると処分する。
欧米のようにペットショップから購入するのではなく、きちんとそれぞれの犬種のことをお勉強して繁殖をしている信頼のおけるブリーダーから犬をこ購入することは、衝動飼いを少なくすると思います。
きちんと犬の特性や個性を勉強したりし、健全なブリーダーの子犬たちは、やはりきちんと管理されており、健康な両親犬から生まれることなどからして、子犬の価格もペットショップと比較すると必然的に高めになります。
時間をかけて調べたことによる思い入れや、高額を支払うことによって生じる覚悟みたいなもは多少なりともペットショップで購入するときよりも、強くなると思うんです。


健康でない繁殖犬と知りながら、金儲けのために子犬を産ませる人。
無知な素人が産ませた子犬たち。
全ての子犬がそうではありませんが、ハイリスクな子犬たちがペットショップに並ぶことがあります。


我が家が以前飼っていた犬、ルナはペットショップ出身で、運悪く先天性疾患を持っていました。
わずか2年2ヶ月の命。
これから10年、15年はずっと一緒と信じていただけに、亡くしたあとは悲しくて、寂しくて、せめて赤ちゃんのときの写真でもいいから、思い出を増やしたいと思い、血統書の裏に書かれた繁殖者とコンタクトを取りたくて、JKCに電話をしたことがありました。
想像していた通りの回答。
個人情報なので教えられない、と門前払い。
ショックですぐに電話を切ってしまったけど、いろいろと考えて、ルナが先天性疾患を抱えて生まれてきたことを繁殖者に伝えて欲しくなった。
相手を責めたところで、ルナが返ってくるわけではない。
ただ、万が一、今後もその両親犬によって、疾患を持った子犬が産まれてくるのだとしたら、犬も飼い主も辛くて悲しい思いをするから、伝えて欲しかった。
後日、再度連絡をして、その旨を伝えたが、全くもって通じなかった。
いや、理解はしていたのだとは思う。
なんの難しいことを要求したわけではないのだから。
最初に電話に出た女性に簡単に説明をし、その後5分以上も待たされた。
次に電話に出た男性は、何度説明しても的を得ない回答を繰り返すばかり。
「私は事務担当なので…」という言い訳。
だったら、担当の人に代わってくれればいいだけのこと。
担当者に代わって欲しいというと、伝えておくとのいい、担当者に電話をつながない。
JKCのHPには『本会は、各種畜犬の犬籍登録及び有能・優良犬の普及と畜犬の飼育の指導奨励を行い、広く国民の動物愛護の精神を高揚することを目的とする。』と明記されています。
見た目の美しさ云々以前に、健康であることの方が大切だと思う。
何故、指導をしないのか?
そのことを言うと、「全くその通りですが…」としどろもどろ。
名ばかりの組織だと憤慨しました。
そして、血統書はただ血筋を辿るためのリストアップしただけの紙くずだと、悲しくなりました。
何の役にも立ちません。
私は、治療費などを請求したいわけではなく、万が一のことを考えて、先天疾患が出たことをブリーダーに伝達してくれとお願いしただけなのです。
たった、それだけのこと。
お金の問題ではないのです。
いくらお金をもらったって、大切な愛犬がもどってくるわけでもなく、苦しんだ姿が記憶から消えることはないんですから。
時間が経って悲しさが癒されても、苦しむ姿がときどきフラッシュバックして、ものすごく辛いときがあるんです。
そういうことをわかって欲しい。
動物を愛護するという団体の人たちや動物を繁殖させる人たちが、そういう気持ちがわからないなんて、不思議でなりません。


そして、言うまでもなく、ペットショップも、もちろん個人情報なので教えてはくれません。


何かあったとき、リスクや責任を負い、辛い思いをするのは、飼う側なのだとハッキリとわかりました。
だからこそ、きちんとしたブリーダーから購入すべき。
そう思いました。


それが、今回こんな結果。
我が家のイリスとアルバは、この犬舎出身ではないけれど、ブリーダーがこのような形で愛犬家たちを裏切るようなことは、他の真面目に繁殖をしているブリーダーにも泥を塗ったように思います。
ショーの栄光をHPに紹介し、将来のドッグオーナーたちを信用させ、影では飼い手のつかなかった子犬を処分したり、挙句の果てには、繁殖不可能になった犬たちまでも殺処分。
嬉しければしっぽを振り、幸せだとウットリした表情をして、怒ることもあり、好き嫌いがあり、怖がることもある。
それは、動物にも感情があるという証拠だと思うんです。
そんな感情を持つ、共に生活をした繁殖犬たち、自らの手で世話をした子犬たち、何故そのような残酷なことができるのか、人間性を疑います。
このような人には、二度と動物を扱うことができない罰則を与えるべきです。
そうでなければ、動物を譲り受ける側は、何を信じれば良いのでしょうか。


今回問題になった犬舎からワンちゃんを飼われた方たちだって、いろんな思いを持って、最終的に信頼して購入されたのだと思います。
それをこんな裏切り方をして、同じ愛犬家として腹立たしい限りです。
利己的にたくさん繁殖させられた犬や、子犬たちを殺処分して、まだ続けるつもりでいるこのブリーダーは信じがたいです。


飼う側の意識や知識を高めることも必要だけど、やっぱり、適切な法律や規制が必要であって、JKC(ボーダーコリーのCLや、ゴールデンの股関節形成不全【これはもうきちんと対処し始めていますが】だって、日本の対応は遅すぎます。)などの組織もきちんと機能を果たして欲しいと強く思います。
飼う側の高い意識と、正常に機能する法律、規制や組織があったら、悪徳ブリーダーや衝動飼いを助長するペットショップなどは淘汰されていくのではないかと思います。


いろいろと書きましたが、ルナや他のペットショップ出身の子たちを否定しているわけではありません。
ルナは今はもういないけど、今でも大事な大事な我が家のワンコで、今でも変わらず愛すべき存在です。
特に最後の半年は病院通いも多かったし、お互い辛い思いをしたけど、それ以上に楽しかった思い出の方が強いです。
ワンコたちは、命を授かり、飼い主もワンコも幸せに暮らしているなら、それでいい。
ただ、不健康とわかっていながら営利目的に繁殖をし続ける悪い人からでも、無知な素人さんが繁殖させた犬でも、ペットショップは受け入れて販売することがあります。
販売してからは、ペットショップは何も責任は負いません。
ルナはとっても苦しみながら虹の橋に旅立ちました。
そんな可哀そうな子たちや悲しい思いをする飼い主さんは、防げるものなら防いで欲しいんです。
生き物だから、健康な両親からでも病気を持って生まれてしまう子もいますが、知識のある人が最善の方法で繁殖させるのとは、リスクが違います。
健全なブリーダーからワンちゃんを飼うという重要性が日本にももっと浸透してくれたらと思います。


最後に、このニュースを聞いて親友といろいろと話していたのですが、そもそも純血種にこだわること自体がこういう不幸なことを招くのではないかということを言われて、ハッとしました。
インギーに限らず、他の純血種たちも様々な毛色があり、男の子、女の子、飼う側の好みがあり、それを作出するために何度も繁殖が繰り返され、時には過剰になり、それがこのような殺処分という悲しい結果に繋がるの可能性を増やすのだと。
人気の犬種が出れば、犬たちに愛情のない繁殖者が躍起になってヒートがくるごとに繁殖させ、病気の子も繁殖に使い利益を上げることもあります。
否定できませんでした。

もう随分前になりますが、ハスキー犬など大型犬に人気があった時期がありますが、飼いづらいなどの勝手な理由でとある浜辺にハスキーがたくさん放棄されているニュースを何度か目にしました。
最近興味がなくなり見ていませんが、何年か前の犬関連の雑誌に【来年流行る犬種はコレ】などという記事も見ました。
ファッションや車じゃないんだから、トレンドなんて必要ないんです。
10年、長生きしてくれたら20年も一緒にいるのに、流行るもなにもないと思う。
生き物の種類のトレンドとは?
メディアも、こういったことを煽るのは、いい加減やめて欲しい。
こんな稚拙なことをしているから、奇異に思われ海外から軽視されるのです。


身勝手な人間たちによる不幸なワンコたちが、どうしたら減るのか…いろいろと考えさせられます。




イリスとアルバのブログを見て、「いつも癒されています~」と言ってくださることをとても嬉しく思い、ブログでは楽しくと思っていますが、やはり、書くべきと思い、書きました。
知ることが意識を高めることにつながると思います。
組織がダメなら、飼う側から小さくても何かアクションを起こさないと、何も変わらないと思うので…

書いていたら、またお腹がドクドクするくらい怒りが復活してしまい、まとまりのない内容になってしまいました。
ごめんなさい。
けど、言いたいこと、伝わるといいな~。





さてさて、気持ちを切り替えて、昨日のイリアル写真を
昨日は朝から雨がずっと降っていて、珍しく冬らしい気温で、朝から寒~い
イリちゃん、まんまるちぃです

2009121104.jpg



アルちゃんは、いつも大好きなラビちゃんをくわえて、ご挨拶をしてくれるから、くわえたままでいます(笑)

2009121101.jpg



寒いなら、はい、これどーぞー
って、まだ縁取りもしてない、布っきれブランケットをかけてあげました

2009121102.jpg



アルバ 「早く、仕上げてよね

2009121103.jpg



ぽちっと、お願いしま~す
にほんブログ村 犬ブログ イングリッシュコッカースパニエルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 未分類 | 19:31 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

はじめまして。
犬は違いますが、シェルティを愛して、できる限りのレスキューを始めています。
単犬種レスキューに関わっている人にとって、今回の事件は他人事でないことと感じています。

悪徳な繁殖者も見るからに悪いやつもいれば、今回のように羊の皮をかぶったようなのもいますね・・・
ブリーダーの選別を進めないと解決には向かわないと考えています。
どういう基準で選別するかは
・大量飼育と大量繁殖というのは大きな利益を目論んでとしか言いようがないのでこれを避ける
・業者向けや一般向けを問わずオークションに卸しているブリーダーは避ける、ウソをつかせないために血統書で兄弟探しサイトなどで、入手先を口コミで広げる、HPなどで言質を取る
・完全予約による計画繁殖をしている
・終生飼育のためにアドバイスを常に欠かさず、万一飼えなくなったら自分のところで引き取る
・当然だけど遺伝による先天性疾患を考慮して繁殖をしている
・母胎と仔犬の健康を考慮して繁殖をしている
・ショー引退犬などは早めに新しい飼い主さんを探す
こういったことを自分のところのHPなり書面できっちり表現しているブリーダーを良いブリーダーとして、買う人を啓蒙していくことが大切と考えています。
賞をいくつ獲っているかは二の次ですよね。

ちょっと前置きが長すぎてごめんなさい(汗

それで、リンクした私のブログに書きましたが、JKCが血統の番人でなく血統書事務屋に成り下がっている現在、お気づきになっていらっしゃるとおり、JKCがFCI国際畜犬連盟の日本支部としてふさわしいのかどうか疑問ですよね。
それで、FCIに直接メールをしました。
FCIの犬舎リストにマークフィールドJPもありますし。
Eコッカーのオーナーさんたちが怒りの告発をFCIにされることも効果があるかもしれません。

| mikalovesally | 2009/12/13 19:46 | URL | ≫ EDIT

mikalovesallyさん

貴重なご意見、ありがとうございます。
良いブリーダーの見分け方、ごもっともです!
特に予約制の計画繁殖というのは、安心ですね。
日本に登録されているワンコの件数を見るとかなりの頭数からすると、そう頻繁に子犬の需要があるとも思えない。
需要と供給のバランスが崩れるような過剰繁殖は、とても問題ですよね。
製品なら在庫をかかえていても問題ないけど、生き物なんだから、計画的な繁殖でなければ殺処分を招くことになるのが怖いです。
あと、HPに繁殖の理念等が書かれている以外にも、ブログ等で日々の考えや、新しい情報等が記録されているところは信頼できるように思います。
繁殖に真剣に取り組んでいるブリーダーさんたちは、日々情報集めや勉強に勤しんでいて、将来オーナーさんになり得る方たちに伝えたいことがどんどん出てくると思うんです。
HPにほんの少しの理念とショーの写真がいくつか掲載されているくらいでは、少なくとも今の日本では怪しいな~と今回のことで痛感しました。

ところで、FCIに直接メールとは具体的にどういったことをしたらいいのでしょうか?
マークフィールドの犬舎名とオーナーの名前があるものは、登録することが不可能にすることを要望したらいいのですか?

| ルナぼん | 2009/12/15 21:48 | URL | ≫ EDIT

FCI には

わたしは早い段階だったので、記事を英訳したものを送り、日本のブリーダーはショーチャンピオンでもこんなにひどいのですが、その中で「JKCの監理がまったく行き届いていない」ことを知らせました。

要望はマークフィールド犬舎の登録取消を求めました。

FCIの規程なり憲章なりがあると思うので、求めたところでどうなるかはわかりませんが、意見を言うことはできるので、やってみました。

たくさんの方の意見が同じ方向なら、考えてもらえるかもしれません。

| mikalovesally | 2009/12/17 18:38 | URL | ≫ EDIT

mikalovesallyさん

アドバイス、ありがとうございます。
多くの方が同じ要望を求めたら、FCIも動いてくれる可能性が高くなりますよね。
JKC、他の方の意見でも、やっぱりひどい話がいっぱいありました。
私もメールしてみます。
いろいろとありがとうございましたv-435

| ルナぼん | 2009/12/17 21:39 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。